幼児への英語教育を始める際に感じた3つの大切なこと

子育て

我が家は、子供が2歳と0歳の時から、おうちえいごに取り組んでいます。

少ない時間の中で、子供2人にどれだけ英語教育を与えるか、この2年間で考えてきたことをまとめたいと思う…でもその前に、私自身の英語レベルについて語らねばなるまい( ´∀`)汗汗

親の英語レベルについて

4歳から8歳まで約4年少しアメリカに住んでいました。

帰国後は、母も頑張って英語を忘れないようにと週に一度家庭教師をつけたり、努力していたようですが、三十云年前のこと・・普通の公立小学校に通ったり中学受験した事もあり、どんどん英語を忘れていきました。

その後、私立の中高一貫校に入学。大学での専攻科目は理系でしたので、理系の友達の中では英語は得意だけど、文系の超英語出来る子に比べたら、、そこそこって感じです。

仕事も、理系…研究開発部門の職種で会社勤めしています。昨今の国際化の影響もあり、業務内に英語が必須な環境にあります。英語でメール、研修システムや文書作成、手順書も英語、会議も多いです。

幼少期に英語が話せた経験もあるため、私は英語学習が好きですし、今の仕事で英語を使って海外と交渉したり、ミーティングする事は好きだなぁと感じます。(苦しい時もあるけど)

上記の条件を知る人たちが私によく聞くことは

1. 英語ペラペラでしょ?

2. 子供に英語教えられるよね?

↑泣…お恥ずかしいながら、2つとも私は自信がありません。

資格試験の勉強も継続できず、途中でやめた講座や参考書も結構ある…所謂三日坊主です!

TOEICは最高890まで。900点以上を取ったことはございませんorz..

それこそ、大人になってからもずっと、英語できる人と会社でも思われてきたことが恥ずかしかった…だからこそ、子供には英語に苦労はしてほしくない!と焦る気持ちもあります。ただ、私が日々実践していることは、恐らく英語がそこまで出来なくても教えてあげれることです。

英語教育のポイント①:英語を押し付けない。成果を求めない。

まず1つ言えるのは、親が英語得意だったら子供に英語を教えられる、子供も自然と話すようになるかと言われると、、これは「子供の興味を引き立てられなければNO」な気がする。

つまり、多少英語ができないと思っている親であっても

英語を教えるのではなく、英語に親しみを持ってもらう教育を続ければ、子供は必ず吸収するということ。あとは、子供の好き次第。また本人たちがアウトプットしなくても言わせたり、意味わかる?とか聞いて押し付けたとたん、子供は興味をなくすので、成果を求めてはいけないと思っています。

よって、私の幼児に対する英語教育スタンスは、

基本は英語教育を楽しむ。結果として、英語が好きな子たちを育てる

親の母国語は日本語であり、学習は日本語で行う

英語教材は、子供の好き嫌いをみて選択する

などをモットーにしています。外注しないぶん教材は色々試してみる主義。

ただ、あくまで幼児対象なので、小学生になった時点からはどの程度まで深掘りさせるかが問題かなあ…ここはもう少し考えをハゲん深めたいです。

 

 

 

 

 

 

英語教育のポイント②:教材に手を出す前に、ブロガーさんのアイデアを習おう

教材をDWE買うべきかWWK買うべきか?と色々悩んでる方。何から手をつけてよいかわからない方。高額教材を買う前に…、英会話スクールに入れる前に・・

私がおすすめするの方針は2つ

  1. まずおうちえいごを安い教材や無料でYouTubeで試そう
  2. おうちえいごに慣れたら、中古教材などでおうち英語を続けるか、外部に頼るか考えよう

世の中には、沢山の無料英語動画も溢れていますし、無料もしくは格安でダウンロードできる英語アプリもあります。絵本も最近は買えるサイトも増えました。

初めからハードル上げて教材買うのも大変。まざおうちえいごに親しんでから、それから英語教室へ。

おうち学習で十分楽しんんでくれるなら、親子で継続しつつ、深みにハマっていきたい。(もしインターを検討してるお子さんがいるとしたら、初めから放り込むよりも、おうちえいごでインターへ入れる前の準備にもなる。)

リスニングのインプットが入れば、アウトプットを外注するのは可能。例えば、アフタースクールとして、習い事を始めて親が時間を買うもあり💰

興味がある方、どんどん調べても良いけど…これが沼が深い!!深い!

世の中には、おうちえいごのブロガーさんめちゃくちゃいますので、おススメの方を2人紹介…

★ままにゃーご さんのおうちえいご園:とにかく神レベルで無料教材と低予算でのおうち英語を探してらっしゃる・・そしてとにかく楽しそう!英語絶対好きになるやろ・・ってこれ。「興味」と「英語」をつなげる記事が盛りだくさん。親が子供の興味に合わせて、にゃ~ごさんのおうち英語を実践すれば、インターナショナルスクールで実践していることをYoutubeや教材でやりとげれるんじゃないかと思われます。

ページが見つかりませんでした | おうちえいご園

★しょこさんの一姫二太郎とおうち英語:こちらも中古DWEの使い方、無料体験やほかの教材の始め方がしっかり説明あり。英語絵本を読み進めるうえで重要なフォニックスのコツなどのブログはとても参考になる。沼にはまりたければ、しょこさんが開催しているこども英語部サロンにも参加もできる!

一姫二太郎とおうち英語|我が家も幼児英語を実践中!おうち英語の方法や、使っている教材をご紹介!
ディズニー英語システム(DWE)とワールドワイドキッズ(WKE)を活用中。おうち英語の始め方や方法を綴っています。

英語教育のポイント③:毎日英語に触れよう

とにかく、毎日英語だけは、絵本でも、音楽でも、DVDでも何でもいいから30分~は英語に触れるようにしています。テレビ番組を日本語のアニメを見せる代わりに、英語のDVD,youtube。絵本も英語絵本を一冊。聞き流しを英語で実践すべし。。

1日30分でも続ければ、1週間で210分=3.5時間は英語に触れたことになる。

小学校3年までにこのペースで英語を続ければ、確実に伸びるはずです。

実際に初めて2年。4歳の娘は、簡単な英語の絵本を読む、話すができるようになりました。ここについてはまた追々記載してきたいと思います。(ニーズがあれば)

一緒に英語を楽しむ環境を作りたいですね!

それではまた!

コメント